ゆったりとした時間

8月23日のゆにわ農園の活動報告です。
今日は少し穏やかな1日を過ごしました。

①きゅうり収穫
②マコモ収穫
③山登り
④田んぼの見回り

①きゅうり収穫

楠葉から来た小さな助っ人が過去最長のきゅうりを収穫!

この長ーいきゅうりも含めて、楠葉にお届けさせていただきます!
よろしくおねがいします!

②マコモ収穫

在来マコモの穂がたくさん出てきました!

早速採種しました!
穂についている実は、一粒ずつだんだんと熟して落ちていくのですが、落ちる前に袋でキャッチして、採種しないといけません。
ですのでこまめに採種して、取りこぼしの無いようしていきます。

③山登り

マコモの採種のあと、先日イノシシやシカの餌になるように植えたどんぐりの木の様子を見に行くことに。
そのため、マコモの田んぼの奥へ登っていきました。

小さな助っ人が率先して先導してくれ、無事に崖の上に植えたどんぐりの木の確認しました!

どんどん勇敢になる少年。
これからの成長もとても楽しみです!

④田んぼの見回り

最後は、田植え祭りの田んぼの見回り。
稲穂が実り、実が詰まって、頭を垂れてます。

収穫まであと約一月。
最後まで見守っていきます。

●今日のまかない
お昼のお弁当はエビ焼売と肉春巻きの豪華2点!

どちらも人気メニューにつきみんな大興奮!!
大満足のランチタイムでした!

夜のまかないは牛丼!

汁が最高!シャバシャバご飯が染み入りました!

そして今日もそば打ちの練習をさせていただきました!

木鉢3年、延し3ヶ月、切り3日
というくらい、木鉢の中で蕎麦をまとめる作業は奥深く難しい。

ちなみに延しとは、作った蕎麦粉の塊を平らに平べったくしていく作業です。
木鉢での水加減で、蕎麦が切れやすくなったり、くっつきやすくなったり、香りが飛んでしまったり。。。
本の少しの水分量で蕎麦の出来上がりが変わります。

最初が肝心。

農業も苗半作と言われます。
最初の水加減の駆け引きと、水を満遍なく粉は行き渡らせる技。
奥深く難しいから面白い。
心の落ち着きを保ち、力を入れずにすることが大切だと思いました。
感じたことを活かし、次に繋げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です