若き料理人に学ぶ

8月24日のゆにわ農園の活動報告です。

①果菜類圃場の確認
②みわダッシュ村訪問

①果菜類圃場の片付け

果菜類を植え付けた畑の現状確認をしました。
枝豆、とうもろこし、ズッキーニはイノシシに荒らされながらも、なんとか収穫できました。
しかしミニトマトやピーマン、ナスなどは、成長が止まってすっかり枯れてしまいました。
土に有機物が少なくゴツゴツしているため、うまく根が張らなかったのと、日照りの影響もあったためです。

沢山エネルギーをかけた畑ですが、枝豆を少し残して、片付けることにしました。
支柱を片付けて、草を刈りました。

来年やさらにその先に向けて土地を良くして、良いものを作れるように整えていきます。

②みわダッシュ村訪問

御食事ゆにわのちこ店長にお誘いいただき、ちこ店長や楠葉のスタッフの方々と一緒にみわダッシュ村のランチに♪

今日は、次男くん(陽之進くん)と三男くん(凛志郎くん)で提供してくれました!
普段は長男くん(遊士丸くん)が料理を提供してくれていますが、今日は陽之進くんが2回目、凛志郎くんは初の料理提供でした!

まずはウェルカムドリンクのシソジュース!
さっぱりさわやか美しい。見た目も味も素晴らしい一品でした。

オクラ、ナスなどのお浸し。
よく手入れされたカンナで削った極上の鰹節。口に入れるととろけてカツオの香りが広がります。

次はだし巻き卵。
なめらかーな口当たり、出汁と卵が出会い、甘みが最高でした。

そしてメイン。
鶏肉とじゃがいものカチャトーラと麻婆キュウリ。
カチャトーラは初めて食べましたが、めちゃうま。じゃがいもは少し炒め揚げしてあるのか、表面はパリッ中がふわふわ。鶏肉は亀岡から仕入れた鳥で鮮度抜群プリップリ。
麻婆きゅうりは、キュウリのコリコリとピリ辛の麻婆のコラボが新しく、美味しかったです。

汁物として、鮮度抜群の鶏肉でとった鶏出汁スープ。
これがヤバかったです。澄み切ったえぐみのない、旨味が際立つスープで、至福の一杯でした。

デザートはストーリーのある梅を使ったゼリーと無農薬ブルーベリー。
梅の香りと酸味が透き通るようなゼリーでとても美味しかったです。
ブルーベリーは、味に深みがありふんわり甘みが素晴らしい一品でした。

最後は、ラテアート!
ここに来たら、これでしょうと言えるくらい、お子さんたちのエネルギーがこもった一品。

ここに訪れるたびに、良い影響を与えてくれる山本家のみなさん。
私自身もここに来ると、子供の頃の強い興味と集中力を振り返り、今の自分を見つめることができます。
自分の本質的な部分を見つめる機会をいただいていると感じています。
こうして若いみんなと関わる機会を頂いてること自体に、意味があると思っています。

これからも、向き合い見つめていきたいと思います。

●今日のまかない

夜まかないは氷見いわしとた幽庵。『寿』の梅干しと沢庵を添えて。
味噌汁はお揚げ、椎茸とさつまいも。
そして土鍋ご飯。

素朴で一つ一つを心から味わうメニュー。
土鍋ご飯という主役を引き立てるおかずたちがすごい!
幸せご飯、いただきました!
ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です