代掻きの前に

5月2日のゆにわ農園の活動報告です。

【内容】
①きのこ散水
②メロンを育苗床移動
③水田への水入れ
④代掻き用機械の取り付け

①きのこ散水
竹藪に置いてあるきのこの木にバクチャー液を散水しました。

タケノコも応援してくれてます。
連日の晴れ。温度も25度を上回り、いろいろなものが乾燥してます。
きのこの菌は乾燥によわよわです。
しっかり水分を保ちます。

②メロン育苗床移動
ビニールハウスが完成したので、今まで倉庫の片隅に置いていたメロンの苗床を移動しました。

これで朝日を存分にいただけます。
ほっと一安心。
しかし気を抜かないで、温度管理をしっかりしていきます。

③水田への水入れ
田んぼに水を入れました。
が耕作放棄地を開墾した山の田んぼは山からの伏流水が水源のため、この日照りで水不足。
あまり溜まってないのでみんなでどう溜めるか話し合いました。

話し合った結果、別の水源から6mくらいパイプを使って入れ込むことに。

パイプを買って施工開始。

うまく流せたので田んぼの水の溜まり具合を確認していきます。

●ランチタイム
今日は大葉とチーズのチキン巻 梅ソースを添えて。

暑い日にぴったりでした。美味しかったです。

④代掻き用機械の取り付け
田んぼをトロトロにする代掻き作業に使うドライブハローという機械をトラクターに取り付けました。

いろいろな条件を乗り越えて、半日かけて装着完了。
明日から網本流稲作に欠かせない代掻きをガンガン行っていきます。

【農チューブ】
ゆにわ農園の日々を動画に収めてユーチューブで配信してます。
是非ご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCgRuYAKb1E5TLKU9eFR9PrQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です