地域の山に学ぶ

4月7日のゆにわ農園の活動報告です。

【内容】
①自然薯の植え付け準備
②土地の確認、交渉、山の確認

①自然薯の植え付け準備

自然薯を植え付けるパイプに土を詰めていきます。

バクチャー入りの土と無しの土で自然薯の生育がどう変わるか実験してみようと思います。

●ランチタイム

大阪の楠葉で毎朝手作りで作ってくれているお弁当。
具が多くて、見ても食べても楽しいお弁当。
美味しくいただきました。

②土地の確認、交渉、山の確認、山菜採り

午後からは農地の確認と地権者さんへの挨拶へ行きました。

牛窪さん、土地の確認中

お世話になってる農家さんに挨拶と土地の賃借の相談に

その後、購入を検討している地域の山へ、状態を確認しに行きました。

いざ林道へ

綺麗な水が山の上流から流れてました。
山の中腹くらいの生育している木の種類が多様な地帯があり
そこはとても温かい空気が漂う場所でした。

倒れた木にふかふかの藻
そこから新たな命
素晴らしい環境でした。

土地の命に触れて、自然の中で循環する植物を見て
緊急事態にも普段と変わらぬ食卓が整えられる環境にしていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です